トップページ > ジュニアユース > u15セカンド > クラブユース新人戦

クラブユース新人戦

2日間寒い中クラブユース連盟スタッフの皆さんには大変お世話になり、けが人が出たときにも対応していただき助かりました。
親御さん達にも寒い中たくさんの応援などありがとうございました。

まず結果から…

決勝リーグ(上位)

レオーネ 3 - 2 ミレニオ

レオーネ 5 - 0 グランザ下松

レオーネ 0 - 2 SSS

レオーネ 0 - 0 クレフィオ

結果 3位 2勝1分、1敗  1位SSS 3勝1敗 2位クレフィオ 2勝2分

という形でした。
1日目
ミレニオ戦ではCBのあたふたが少し目立ち早い段階からの2失点でした。ただ全体的に言えるのは相手の特徴に気付けないでそのままやろうとした結果でした。逆に相手はうちが足元の割合が高いだろう…と予測して試合に入ってきたと思います。私も試合前に選手らに言いましたが試合に入ると目の前の事で精一杯だったのでしょう…ただ前半の途中くらいからは相手の狙いはわかってきたのですが、基本技術(動きも含め)の所で数名はだいぶ苦労しましたね。
結果的にはなんとか勝てたという所ですがそれ以上に選手らがピッチで感じてくれればこのゲームの意味はすごく深いものだったと思います。

グランザのゲームではミレニオ戦でケガが出た関係であまり交代できなかったのでスタートから思い切って出場させました。数名のパフォーマンスがよかったのですがその中でもヒロ、シンノスケのパフォーマンスがよくいい流れを作りゲームを全体的にコントロールして勝ちました。

2日目
SSS戦の前のアップで4名が1番最初の所で大丈夫か?という雰囲気を出してのスタートでした。前日によかった選手もいたので残念です…
私が主導権を持ちアップをしたのですがカワコウ、タクミ、ツバサはだいぶ体に負担がきていたみたです…
試合の方はビルドアップ時の奪われ方が悪くそれをきっかけに2失点でした。2失点目は奪われたあげくCBのニアサイドも奪われ…
このゲームではらしさも一切出ずの敗戦でした。理想はこういったゲームで強い気持ちを持ちなおかつ冷静に状況を見極める力も必要となりますが…まずはしっかり戦うこと(相手、味方、その場、逃げない)がないといけません。
それはベンチにいる選手もそうでした。前半最後にイッセイのしょうもないパスミスで失点しそうなシーンでもピッチ内の10人、ベンチにいた14人もだまったまま…本当にあなたらが出て行けるのか?と思います。
まずは声をだす。(行動する)という事もできていないので意識してやるしかありません。
ハーフタイムにはだいぶ言いました。。。

そんなこんなでSSSの試合の後にレフリーがあり選手らにその1試合の空き時間をどう使うかと観ていました。
クレフィオのゲームでは守備の仕方にはそこまで問題はなかったのですが自分のスピード、距離間、予測するといった部分で後手を踏んだ時にはCBに負担がだいぶきました。攻撃に関しては前半は我慢して観ていました。
このゲームに関してはSSSのゲームでよくあったボールを持ってからスタート。という現象は少し減りファーストタッチから少しスタートするシーンが増えてきました。ただ選手らは言いましたがシュートが少ない、シュートのバリエーションが少ない(考えてるか?とも聞きました)。あとはサイド選手には個別でいいましたが(らしさ)の部分がどうしてもFW、MFはチームの中でもここのらしさは強く出して(思う)プレーしてほしいですし観ている側もそこを期待しています。
このゲームはお互い最後の部分でダイナミックさ、アイデイア、らしさがなくゲームとしては悪くないがおもしろさには?がだいぶつくゲームになってしまいました。なので次はお互い同じ事を思っていると思うので次までにお互いが準備できればと思います。

PS
先週書いたHPの事がそのままでたような週末でした。
同じ運動能力なら…  と…
上に行けば当然運動能力が高いのは当たり前。じゃあ運動能力が低かったら上はないのか?
例えば自分が運動能力が低かったら諦めるのか?そこで分かれ道が来ると思います。
大体8割くらいの選手はどうせ…となるでしょう。残りの2割は能力を上げることと小さければ…と考えて試行錯誤するはずです。
それは試合に出れない時にも同じ事が言えます。出れなかったらどうるのか…ベンチでダウンコートきて丸まり試合に見入っている選手はチャンスを取ろうとしているのか?じゃあそれからの時間は…
今週は2試合県リーグがあります。準備しようとしていますか?

yoneyama

Top