トップページ > ジュニアユース > U15 > 夏休み

夏休み

怒涛の夏休みが終わりました。
まずは最初に急な予定変更だったり、送迎だったり、色々な面で親御さんにはサポートしていただき大きなケガ、体調不良などもなくやりきることができました。ありがとうございました。

まずは試合の所から

7月23日、24日 山口県クラブ選手権  乃木浜
23日 予選リーグ
クレアーレ 9-0 ○
グラヴァ  6-1 ○
1位通過

24日 決勝トーナメント
クレフィオ 5-1 ○
グランザ下松 0-0 PK負け
このカップ戦では最高の環境の中で試合ができました。全員が同じだけ試合に出場をして戦いましたが決勝では最後のシュート、関わりが少なく得点できず…

7月25,26,27日 出雲カップ(サンフレッチェくにびき主催)島根県にて
25日 予選リーグ
FC Livent 3-2 ○
セレッソ和歌山 6-2 ○

26日予選リーグ 順位トーナメント
Vファーレン長崎 4-5 ●
予選1位突破
1位トーナメント1回戦
ボアソルテ美都 7-2 ○

27日 決勝トーナメント
サンフレッチェくにびき 2-2 PK 10-11 負け
3位決定戦
バイエルン ツネイシ 1-0 ○ 

結果3位でした。何よりどの試合も天然芝と最高の環境でやらせていただいたことに感謝です!!
5日連続試合で体もきつい中、くにびきとの後半ラストワンプレーのセットプレーで失点…勝ちきる難しさもしっかり味わったカップ戦でした。

7月29日 TRM 筑後FC 大原グランド
得点はたくさん取れましたが今までがいい環境でやっていた分ストレスを感じてやっていましたね…ただ得点の取り方のバリエーションは増えてきたのを感じました。

7月30,31 TRM VIVO (兵庫県) 大原グランド、徳地
毎年夏に来てくれているチームで監督さんの情熱、楽しい雰囲気も持ちながらも厳しさもある人なのでVIVOの選手を観て感じる事もありますし、私も色々負けていられないな!と感じました。今度は冬かな??

8月4日 TRM 徳島ヴォルティス 徳地
試合前のスコール?でグランドは波打った状態でしたが守備の連続性、ゴールへの意識、わきあがりで4-2というゲームでした。失点に関しては慌てたシーンでの失点でしたので状態が悪ければどうするのか…というのを全員で確認しました。

8月8日 九州遠征 1日目 佐賀県 唐津
サガン鳥栖 唐津 2-0,4-0,3-0 (30分3本)と失点が0でなおかつ流動的なプレーが多く得点も多く取れました。
試合後は唐津の海で軽くランニングを行いました。

8月9日 九州遠征 2日目 福岡県 
アビスパ福岡 1-0 2-1 0-1 (30分3本)春先には何もできなかった相手に積極的なプレーが目立ち内容もいいゲームでした。これを続けなければ意味がありません…

8月10日 九州遠征 3日目 大分県
マリンカルチャーセンター付近の海でランニング、スプリント、対人を行い宮崎に移動をしてバーベキューを行いました。

8月11日 九州遠征 4日目 宮崎県
レガッテとゲームを行いました。1-0,1-1,3-1,1-0(30分3本、20分1本)体が思うように動かなくなってきましたが気持ちの部分で10分位は頑張っていましたがそのあとからは少し消極的なゲームになってしまいました。ただきつい中でも粘り強いプレーがでてきた(メンタル的な部分)のはいい所でした。

8月12日 九州遠征 5日目 福岡県
最終日はひびきSSとゲームをしました。2-1,1-1(35分2本)もうここまで来るとチーム力、普段の生活でどうケアをしているかなど色々な部分で差がでてきていましたね。

今回は前半に日程を詰めた感じでした。
この夏休みは特に 点  についてこだわっていきました。どうシュートにもっていくか。どうしたらシュートを打ちやすいか。どういった所に動き出すか。どういったラストパスを出すか。など…を長い期間でやりました。

実際強引な形はこの学年のいい所ですのでそこは残したままアドバイス、反復、イメージを繰り返し行ったので夏休みだけでも得点はだいぶ取りましたね。
あとはこれから中盤の部分、DFの部分を中心にやるようになりますが攻撃は今まで通りのアプローチをしていこうと思います。
あとは内面的な部分で忍耐力、謙虚さ、礼儀、感謝なども指導していきます。

Top