夏季市民大会&全日本ジュニア&サマーサーキットR3

こんにちは。
今年の夏は暑かった、とか、よく言いますが今年の夏は本当に暑かったですね。
山口市では35℃以上の猛暑日が13日連続でしたっけ(確か…)、移動して車から降りると熱気が体を包み込みまるでサウナのよう、それに加えて直射日光…まさにサバイバルでした。

そんな中、4週間に渡りジュニアの強化練習会を行いウチのジュニアにも練習量を増やしてもらう試みをしました。暑かったけど、それぞれの課題を少しで意識してもらうこと、そしてその課題に取り組んでもらうようにしてきたけどみんなどうだっただろう?

8/9に夏季市民大会がありました。
夏の大会第一弾
決勝まで行けた選手は…
小低学年   優勝      渡辺 真優さん
小高学年男子 コンソレ優勝  上田 遼介くん
小高学年女子 コンソレ優勝  櫛崎 加奈子さん
小低学年   コンソレ優勝  岩尾 大成くん
小低学年   コンソレ準優勝 歌房 拓斗くん

8/15,16 サマーサーキットR3
U13女子  準優勝  山根 千帆さん
U9女子   5位   渡辺 真優さん
U9男子   8位   松永 知之くん

おめでとうございます!!
次に向けて頑張ろう!!

市民大会が終わってから、大阪へ向かいました。
江坂テニスセンターと靭公園テニスコートで、2015年全日本ジュニアが行われてたので、今年のレベル、注目選手、コーチとの再会と情報交換、新しい人脈作り、山口県、中国地区代表選手の全国との差etc...などを見に。

そこでも思うことが、当たり前だけど、プロや進学、進路がかかっていない限り、特に低年齢の目の前の勝ちはそれほど重要ではないということです。
もちろん試合に出れば勝つことを目的に試合をしますが、あまりにも勝ちにこだわりすぎて、ただのつなぎ合いのテニス、ミス待ちのテニス、ただ速いボールを打つだけのテニス、そういう意図のみえないプレーばかりだと将来困るということです。そういうプレーを見ることも多いのです。
いくら小学生で全国大会に出たとしても、U13あたりから少しずつ難しくなり、やらなきゃいけないことをやっておかないとU15ぐらいではだいぶ差がついてしんどくなる。
そうならないように、その年代に応じた指導ができるようにしていかないといけませんね。
ウチはその前に練習量を増やせるように頑張らなきゃですね。

トップページ > 硬式テニス > 夏季市民大会&全日本ジュニア&サマーサーキットR3
Top