トップページ > ジュニアユース > U15セカンド > 様々な相手とのTMから

様々な相手とのTMから

いつもレノファ山口へのご声援、ありがとうございます。

こんにちは、2015年度レノファ山口U15セカンドの指導を行なうことになりました澤井といいます。

前身のレオーネ山口にて2003年から、それ以前では広島のクラブチームにて7年間、合わせて20年程この年代の指導に携わっております。今後ともよろしくお願いいたします。

 

さて、4月1日は高川学園、2日は廿日市FCやくにびきFC、川内FCと、そして3日はバイエルン常石等といった様々なチームと練習試合(これからはTM:テストマッチと表記)を行なうことができました。

この場を借りて様々なチームの方々には御礼申し上げます。

次はおいでませ!山口!

このU15セカンドというカテゴリー、いかに「競争力」のある選手を現U15カテゴリーにつなげるか、そして1年後にどういった状況に導くかがクローズアップされます。もっと先にはユース年代、そして...

よって今の結果に対して一喜一憂することはなく、あくまでも起こった現象に対してどう向き合うか?が大事になってくると考えます。

そして今回、様々なチームと対戦することで、現在行なっているトレーニングで培ったこと、そしてまそのさ見えてくる課題に対してどうアプローチするか?ということを考えます。

その繰り返しのなかで、選手個々の心にどう「火」をつけるか?この部分は指導者としての力量を試される部分ではあります。

だからといって勝負事に負けてもいいなんてものはありません!

「やるなら、勝たな!」と選手たちには伝えています。

U15セカンドは、そんな指導者が携わっているカテゴリーです。

 

今後とも応援の程、よろしくお願いいたします。

Top